welcom02.gif

針板の固定ネジが硬くて緩められない 針板固定ネジの外し方 針板の固定ネジが硬くて緩められない 針板ネジの外し方 針板ネジの外す方法 針板ネジの外す工夫 硬いネジを外す方法

こんにちは! ミシン販売専門店 1級縫製機械整備士の早乙女です。
糸絡みや内部掃除などで針板を外す場合はあります。


IMG_8772-1.jpg

メーカーや機種により板状ネジ回しも色々種類があります。
ネジ溝に不適切なネジ回しで無理に回すとエッジ(溝角)が潰れて重症化した例もあります。


IMG_8767-1.jpg

このような道具・オフセットドライバーが有れば簡単にネジは緩みますが一般家庭に無い品かと思います。


IMG_8773-1.jpg
今回、自宅にある品を使い付属のネジ回しを作ります。
準備品:割りばし、マスキングテープやセロハンテープ(伸びないテープ類)、カッターナイフです。

☆作業の工程☆

IMG_8777-1.jpg

1)割りばしをカッターなどで半分にカットします。


IMG_8778-1.jpg

2)割りばしに隙間を空けてネジ回し(板状)をはめ込みます。


IMG_8781-1.jpg
3)残りの割りばし(計4本)を束ねます。


IMG_8796-1.jpg

4)ネジ回しの端部から強めにテープを4周位巻きます。

IMG_8783-1.jpg

5)次に内側も強めにテープを4周位巻き完成です。


IMG_8785-1.jpg

☆使い方・・固定ネジ上あたりを下方向へ押したまま割りばしの先端を持ち反時計方向へ回すと簡単にネジが回ります。

使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2022 08 02 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


SINGERミシン・モデル936、シンガーミシン モナミ  モナミ・ヌウ、ルミナ、ヴィバーチェ、リル モニカ、モニカピクシー、VIVACE

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当石黒です。
今回はシンガーミシン・モデル936の修理、オーバーホールを行います。


IMG_8178-1.jpg


このシンガーミシンは40年以上前のモデルですが内釜にボビンを入れたままボビンに下糸が巻ける「マジックボビン仕様」です。
故障個所は全体的に動きが重い、電源差し込み口が固定しない、動くとの事です
早速、分解してみます。


IMG_8210-1.jpg

外装部を全て外します。


IMG_8208-1.jpg

下軸部・釜ギヤー側です。ギヤー割れやクラッグはありませんでしたが駆動ギヤーのグリスの硬化、ガム状になっています。

IMG_8209-1.jpg

下軸部・メインモーター側です。 メインモーターは3か所固定ですがゴム素材を使ったラバーマウント部が経年劣化により固定できていない状態です。

IMG_8214-1.jpg 

メインモーターを外すとこのように茶色の粉の付着はありますがラバーマウントは跡形もありません。


IMG_8218-1.jpg

IMG_8219-1.jpg


上軸部です。全体的に痛みは少ないようです。

IMG_8223-1.jpg

クリーニング後の全体画像です。


IMG_8217-1.jpg

下部・モーター側クリーニング後、メインモーターの固定穴に適したゴム材と加工、マウント固定後の画像です。
しっかり固定されました。※純正部品の供給不可のため当社保有のリサイクル部品から調達しました。


IMG_8224-1.jpg

IMG_8225-1.jpg

上下部、各部注油/グリスアップします。


IMG_8251-1.jpg

こちらがマジックボビンです。
手前左側のレバーを左にスライドさせると下糸巻きモードに切り替わります。
テストでは下糸巻きができました。 


IMG_8249-1.jpg
試縫いテスト・・40年以上前のミシンですが縫い上がり、運転音も良好です。


IMG_8257-1.jpg

劣化部品の交換。駆動部の半固着除去、糸絡み除去、各部点検、固定ネジの増し締め、注油/グリスアップ、試縫いなど全て完了しました。 20年から40年前のミシンでもギヤー割れが無い限りクリーニングや汎用部品交換でまだまだ使えるミシンがたくさん有ると思います。旧ミシンをお持ちで調子が悪い方は当店へ相談ください。


使っているミシンの調子が悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールをお考えの方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理のお問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーアクセス)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2021 12 02 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


エルナ ステラ・エルナミシン修理・オーバーホール ・eina Stella ・einaミシン・エルナロータス・エルナステラ・エルナミシン・スイス製エルナミシン・スイス製einaミシン

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当石黒です。
修理ブログを更新します。
今回はエルナ製ステラの修理・オーバーホールを行います。

IMG_8080-1.jpg

早速、修理を開始します。
故障個所としては
⓵開閉フタの固定ピン破損
②糸立て棒に引き上げが硬い
③フットコントローラを離しても止まらない
他オーバーホール(総点検)


IMG_8045-1.jpg

開閉フタ部分です。
開閉ピンの爪4カ所の内3カ所が経年劣化により破損しています。
メーカー供給が無いため加工補修を行いたいと思います。


IMG_8047-1.jpg

まずは外装部を全て分解し総クリーニングします。


IMG_8059-1.jpg

メインモーターです。全て分解します。


IMG_8061-1.jpg

メインモーターの接点です。汚れ・焦げがあります。


IMG_8057-1.jpg

速度制御部です。 クリーニング後必要箇所に注油します。


IMG_8063-1.jpg

接点研磨後の画像です モーターカーボンから電流が流れる箇所なので表面は綺麗なほうが安定した電流を送ることができます。


IMG_8071-1.jpg

IMG_8074-1.jpg

古い油系を除去、各部注油/グリスアップします。


IMG_8075-1.jpg

開閉フタ部の補修はピンを接着固定し成型板でカーブラインを作り樹脂材を肉付しました。


IMG_8078-1.jpg

上下張力調整、各部点検、試縫いを行い完了です。


当店ではエルナミシンの修理・オーバーホールを数多く行っており、定期的にオーバーホールをする事で末永く使えます。
エルナミシンをお持ちの方にはオーバーホールをお勧めします。

使っているミシンの調子が悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールをお考えの方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理のお問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーアクセス)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2021 11 01 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ミシン糸と布素材での縫い上がりの違いについて

こんにちは!修理担当の石黒です。
今回の記事は修理関連ではないのでソーイングのプロへお願いしました。
記事監修したソーイングアドバイザーの後藤です。
前回、③ミシン糸について(ミシン糸の品質編)の続きとしてミシン糸と布素材での縫い上がりの違いについて記事にします。 
是非、参考にしてください。

IMG_8007-1.jpg
③ミシン糸について(ミシン糸の品質編)」を説明します。

お客様からの相談で「縫い目が左右におどる」「縫い目が綺麗にならない」「ご自身が予想した縫い上がり」等など相談があります。
縫い目の美しさはミシンの性能と、ミシン糸の種類、布地の種類によっても変化します。
そこで!今回は3種類のミシン糸を使用して、様々な素材を縫い比べどのような変化がみられるのか検証してみました。
縫い上がりはミシン糸と使用する布素材によっても大きな違いを覧いただけると思います!

今回使用したミシン糸はこちらです!
使用糸①:無メーカーの安価ミシン糸 
使用糸②:フジックス社製「シャッペスパンミシン糸」普通地用60番
使用糸③:フジックス社製「ファインミシン糸」普通地用50番

…シャッペスパンミシン糸…
綿の風合いを持つ上質なポリエステル製の糸。
一般的なホームソーイングに幅広く使われています。
直線ステッチだけではなく、飾り縫いやボタンホールステッチなども縫い目がふっくらとし、ナチュラルな仕上がりになるため人気が高いです。
※シャッペスパンミシン糸の表記でも品質的に違いがある場合もあります。
ブランド糸メーカーフジックス製シャッペスパン60番をお勧めします。

…ファインミシン糸…
絹の風合いを持つ高品質なポリエステル製の糸。
サテンやローンなど縫うのが難しい繊細な素材に適したミシン糸です。
シルク形状のつるつるした仕上がりの為、直線は美しいのですが飾り縫いやボタンホールステッチは貧相に仕上がり不向きです。

試し縫いで使用したミシンは一般的な水平釜仕様の家庭用ミシンを使いました。


試し縫い【1】綿ブロード地
IMG_E0766-1.jpg

織りがこまかく、糸の質がはっきり出やすいのでできるだけ毛羽立ちの少ない上質な糸を使用すると美しく縫えます。

試し縫い【2】オックス地
IMG_0782-1.jpg

入園シーズンにはキャラクタープリントされたオックス生地が手芸屋さんにずらりと並ぶ、大変人気の素材です。
写真を見ていただくとわかるように、オックス生地は「横地縫い」(下側)の縫い目が安定しない特長があります。
糸は生地と同系色を選び、なるべく目立たせないように縫うのがポイントです。
フジックスのシャッペスパン糸は色の種類も大変豊富なので手芸屋さんで布を選びつつ、その布にあった色の糸を選ぶことをおすすめします。


試し縫い【3】プリントコットン地
IMG_E0780-1.jpg

プリントコットンは本当にたくさんの種類があります。
生地を見るポイントは「柄」の好みだと思いますが、薄いものからちょっとハリのあるものまで様々です。
今回はごく標準的なプリントコットンを縫ってみました。
やはりこちらも縦地は縫い目が引き締まり、横地(下側)は安定せず縫い目が「ミの字」になりやすいです。
②が一番生地になじんでいるように思います。
カラフルな糸を使用してステッチを楽しんでも良いのではないでしょうか。


試し縫い【3】ガーゼ
IMG_E0760-1.jpg
マスクや肌着などに使用することが多いガーゼ素材。
今回はけっこうきれいに縫えましたが、ガーゼは織りが粗くてゆるいので、あまり縫い目がきれいに出ない場合があります。
なるべく布と同系色の糸を使用すると良いでしょう。

IMG_E0779-1.jpg
こちらはシングルガーゼです。
ガーゼは生地がふっくらして、織りがゆるいので①の糸だと糸のボコボコ感が目立ちます。
②の糸が最適かと思います。


試し縫い【4】ツイル地
IMG_0776-1.jpg

綾織りといって、斜めに織りが入っている素材です。
厚みが増しても柔らかく、カラーバリエーションが豊富でジャケットやパンツなどの衣類からバッグ・小物まで様々なアイテムに使用できます。
手芸屋さんではカラーや厚みによってカテゴリー分けされているので、感触などでお好みのものを見つけてみてください。

お好みにもよりますが縫い上がりは②が一番安定する感じがします。

試し縫い【5】サテン地
IMG_E0781-1.jpg

なめらかで光沢があり、ドレープが美しく出るため衣装やドレスに多く使われる生地です。
取り扱いは難しいのでミシンになれてから縫ってみてください。
サテンの場合にはあきらかに③のミシン糸が適していることがわかります。
ステッチを効かせた縫い方をするのではなく、糸を目立たせないように縫うのがおすすめです。
サテンの持つ繊細さを壊さない、見合った糸を使用する必要があります。


試し縫い【6】オーガンジー
IMG_E0763-1.jpg

ハリがあり、家庭用ミシンでも比較的縫いやすいナイロンオーガンジーで試してみました。

縫い目を見るとあきらかに③の糸が適していることがわかります。
作品が仕上がった時の全体的な印象は、使用する糸によっても大きく異なってきます。


試し縫い【7】キャンバス地/帆布(ハンプ)
IMG_E0764-1.jpg

大変頑丈な平織りの生地です。
比較的薄地である11号帆布であっても、ハサミでカットすると「ゴリッゴリッ」となかなかの手応えを感じます。

写真をご覧いただくと、糸自体が縫い締まっていないことがわかります。
どんな糸を使用しても美しく縫うことはできず、家庭用ミシンの限界になります。
織りの固い生地を縫うには厚地用の太いミシン糸を使用し、上糸と下糸をきつく設定して締め上げるように縫う必要があります。
その為キャンバス地や帆布を中心に縫いたい場合には「職業用ミシン」をおすすめいたします。
家庭用ミシンでの縫い目


職業用ミシンを使用
IMG_0783-1.jpg

(※家庭用ミシンの縫い目の隣に青とオレンジの糸で縫ったもの)
厚地用30番のシャッペスパン糸を使用


参考になりましたでしょうか。
今回はミシン糸と布地の関係を説明しました。

厳密なルールはありませんので、あまり気にせず楽しくミシンをお使いいただきたいのですが、なぜか思うような縫い目にならない!とお悩みの場合には、もしかすると糸や布の相性も有りえますので違うミシン糸や生地で縫い上がりの違いを確認するのもよいかと思います。


当店ではお買い上げいただいたミシンについてのご相談は専任ソーイングアドバイザーがお答えしておりますので、是非お気軽にお問い合わせください!


使っているミシンの調子が悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールをお考えの方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!


■ミシン販売専門店 お問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーアクセス)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2021 10 11 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


③ミシン糸について(ミシン糸の品質編)

こんにちは! ミシン販売専門店、修理担当の石黒です。
今回は家庭用ミシンで使うミシン糸の品質の違いによる縫い目、縫い上がりについて記事にします。
ミシンが届いてさっそく縫ってみたら、縫い目が縮む、縫い上がりが良くないなど、縫い目・縫い上がりについてのお問い合わせを多くいただきます。

IMG_7785-1.jpg


原因の 1 つとして、ミシン糸の品質があります。
メーカーの製造ラインでは、上下張力の調整後に必ず、検査基準に適したブロード地 2 枚重ね、基準となるミシン糸(主にフジックス製シャッペスパン糸 60 番)を使い、試縫いテストを行っています。

IMG_7769-1.jpg

ミシン糸は様々な製品ごとに糸質や素材(綿/カタン、絹、ポリエステル、ナイロン等)を問わず、癖が強いミシン糸(撚り [より] が強い、毛羽立ちが多い)を使うことで縫い目や縫い上がりにも違いがでます。
相談者の中には、このミシンは限られたミシン糸でしか縫えないの? ミシン糸を選ぶミシンなの? 手芸店で買ったミシン糸なのに何故!? など意見もあります

1、 家庭用ミシンで使うスパン糸とは


IMG_7790-1.jpg

短繊維(スパン)糸は短い綿状の繊維のことで、原料となる短繊維は通常 38mm~100mm の長さのため、縫い糸にするにはこれを何本か並べて束ねながら長い糸状にします。

種類もスパン糸とシャッペスパン糸があり、どちらもポリエステル 100% の糸ですが、一般的なスパン糸より毛羽が少なく、糸撚りやムラが少ない優れた品質がシャッペスパン糸となります。

2、 糸品質の見分け方
●良品参考ミシン糸(フジックスシャッペスパン60番)

IMG_7795-1.jpg

a) ミシン糸を両手でピンと張った状態で照明に照らします。
このように糸毛羽がほとんど無い状態

IMG_7801-1.jpg

b) 糸の撚り(ねじれ・こぶこぶ)が無いか確認します。 
指先 2 本でミシン糸をつまみ、糸をなぞって撚り具合を確認します。
ほとんど撚りが無い、又は少ない糸は指通りがよく安定した撚り具合がわかります。


参考スパンミシン糸


IMG_7826-2.jpg

(A. 手芸店の低価格ポリスパン、B. 100 円ショップ糸 60 番)


IMG_7822-1.jpg
c) ミシン糸を両手でピンと張った状態で照明に照らすと、AB 共に糸毛羽が多く目立ちます。

IMG_7825-1.jpg

d) 糸の撚りを確認、指先 2 本でミシン糸をつまみ、指通りの感触を確認します。
私的には AB 共にこぶこぶ感があり、特に B の方が強い気がします。          

★アドバイス
ミシン糸次第で縫い上がりにも違いがでますので、糸毛羽と撚り(ねじれ・こぶこぶ)が強いほど上下のミシン糸にテンション(引っ張る力)がかかり、布縮みや縫い上がり低下の原因にもなります。
縫い上がりが良くない場合は、違うメーカーのミシン糸に変えて縫ってみてください。

※1 あくまでも参考画像となり、布質や素材により異なる場合もあります。
※2 ミシン糸品質で縫い上がりにも違いがあります。
検証する場合には、主なメーカー検査基準ミシン糸(フジックス・シャッペスパン 60 番)で確認いただき、参考にしてください。
④ミシン糸について(縫い上がり編)につづきます。

ご使用されているミシンの調子が悪く、お困りになった時は、迷わず当社修理窓口までお気軽にご相談ください!

使っているミシンの調子が悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールをお考えの方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理のお問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーアクセス)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2021 09 10 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)




Copyright (C) 日本ミシンサービス株式会社 All Rights Reserved.