HOME >>修理実績

シンガー職業用ミシン LW103S(修理・オーバーホール) ブラザーヌーベル ヌーベルクチュール JUKI シュプール TL90 TL96 TL98 TL25 TL30 SL300EX 

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当、郡司です

今回は、シンガー職業用ミシン LW103Sの修理・オーバーホールです。


DSCF3275.jpg

ランプは点灯するがモーターが回転しないとの相談でお送いただきました。


DSCF3274.jpg

通電されているのにモーターが回転しない原因としてメインモーター、フットコントローラーの不良が考えられます。
テスターで検査した結果、メインモーターが原因でフットコントローラーに負荷はかかり、破損したことが解りました。 この場合はメインモーターとフットコントローラーの2つの交換が必要ですが既に純正品の供給が切れているため汎用部品を使い回復させます。
左側がシンガー純正のメインモーター、右側が職業用対応の汎用モーターYDK YM61です。


DSCF3278.jpg

モーターベルトもメーカー機種によって異なりシンガーLW103SはXL用シンクロプーリの交換が必要です。


DSCF3279.jpg

プーリ交換後


DSCF3287.jpg

メインモーターの固定板に汎用モーターの固定ネジ位置に穴を2箇所開けて固定します。 ※固定板の微調整幅が狭いためベルトの張りを考慮した位置で穴を開けないと上手く固定できない事も有りえます。


DSCF3284.jpg

フットコントローラーの差し込み口配線はON/OFF電源スイッチを使わず、コネクターを差し込んで通電する単純配線にしました。


DSCF3282.JPG

固定板に穴を開けてフットコントローラーの差し込み口を固定。


DSCF3289.jpg

DSCF3290.jpg

各部点検、試縫いを行い完了です。
今回、ブラザーTA3-B625 B626 B627 用として販売されている汎用パーツを利用して回復させましたがミシン自体のオーバーホールを含め専門店で加工される事をお勧めします。


使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2016 02 23 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


JUKIロックミシン MO-334D 【修理、オーバーホール】 MO252 MO522 MO113 MO114D MO333 MO344D

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当の角屋です

今回は、JUKIロックミシン MO-334Dの修理、オーバーホールです。


DSCF3138.jpg

縫製中に急停止、ランプは点灯するがフットコントローラーを踏んでもモーターが動かない状態。


DSCF3147.jpg

外装を分解します。


DSCF3140.jpg

モーターカーボンは消耗しスプリングのみの状態でした。


DSCF3144.jpg

下側が新品のモーターカーボンです。片側のカーボンは数ミリ有りましたがほぼ消耗していました。


DSCF3149.jpg

各部クリーニングします。


DSCF3151.jpg

クリーニング後、ギヤー部はグリスアップ、可動部には注油をします。 


DSCF3168.jpg

糸調子数字(5)標準位置で綺麗にオーバーロックができるよう引張力調整を行います。


DSCF3166.jpg

ロックミシンの引張力調整は微妙な調整が必要なので試縫いも多く行います。


DSCF3169.jpg


調整後の縫い目です。


DSCF3175.jpg

上メス交換、各部点検を行い完了です。 今回のMO-334Dの外装部はオールプラスチック製のため経年劣化により変色が見られましたが内部機構の動きも良く、まだまだ使いそうなロックミシンでした。

使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2016 02 06 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ブラザー電動ミシン HL2-B254【修理とオーバーホールブラザー】ブラザーミシン修理 B254  コンパルDX751 コンパルエース760 オーパス8 820  コンパルエース765 コンパルエース766 オーパス8 821 

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当、角屋です
今回は、ブラザー電動ミシン HL2-B254の修理とオーバーホールです。


DSCF2662.jpg

当店へメールでの不具合相談で久しぶりに使用したら針が全く上下しないとの事でお送りいただきました。


DSCF2666.jpg

早速、中釜から分解、内部に劣化したミシン糸の固着があります。


DSCF2667.jpg

針板を外した送り歯です。 長年のゴミが送り歯の隙間に詰まっている状態です。


DSCF2671.jpg

下軸部です。 全体的には錆、ゴミは少ないようです。


DSCF2678.jpg

メインモーターも含め外装部を分解します。


DSCF2681.jpg

上糸調子部です。 全て分解し、クリーニングします。


DSCF2682.jpg

モーターベルトです。 上が新品、下が劣化したベルトです。劣化したベルトは触るとボロボロと粉状になりますので定期的に交換します。


DSCF2683.jpg

押さえ金と針板です。 針板の針落ち穴に針傷がありますので研磨します。


DSCF2686.jpg

下糸巻きのゴム輪交換後、自動停止位置調整をします。


DSCF2688.jpg

DSCF2692.jpg

各部点検、縫いテストをして終了です。
今回の不具合は中釜部の糸絡みが原因でした。30年以上前のモデルとしては錆や腐食も無く、今後についても定期的にメンテナンスを行えば何十年も使えると思います。

使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2016 01 18 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ジャガー電動ミシン メイトF-3 MATE F-3 【修理・オーバーホール】 メイト495 ベルベット2 3050 MT303メイトマーク2 2510 JS690 CD2203 CD2202 CF3104

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当、角屋です

今回は、ジャガー電動ミシン メイトF-3の修理、オーバーホールです。


DSCF1965.jpg

電話からの修理相談で、縫い模様選択ができない、運転音がうるさいとの事でお送りいただきました。


DSCF1968.jpg

外装のクリーニングから始めます。


DSCF1971.jpg

釜ギヤー部です。グリスの変色は少ないですが劣化していますので除去します。


DSCF1967.jpg

運転音のうるさい原因はギヤーダウン部、中間ギヤーの油切れでした。中間ギヤーを分解、クリーニングをします。


DSCF1973.jpg

クリーニング後


DSCF1975.jpg

DSCF1977.jpg

各部、注油、グリスアップをします。


DSCF1976.jpg

下糸巻きゴム輪も交換します。


DSCF1981.jpg

針板に針傷が多々あるので傷を研磨します。

DSCF1983.jpg


傷研磨後の画像です。細かい目の板ヤスリを使い、深い傷のみ研磨しました。


DSCF1986.jpg


DSCF1984.jpg

各部点検、各模様の試縫いを行い完了です。

メイトF-3の内部部品は丈夫素材(金属製)多々使っていますので点検次第では今後、20年位は使えそうです。
20年以上前の旧ミシンは定期的にミシン油やグリスを塗ることで調子良く、縫うことができます。 古いミシンをお持ちの方で点検や注油等をされていない方は是非、オーバーホールをお勧めします。

使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2015 12 25 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


JUKIコンピューターミシン HZL-7600 【修理、オーバーホール】AT-1100 AT2800 AT3800 AT740 AT800 AT5800 AT5800N HZL-9900 HZL-9500 HZL-4800

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当の郡司です
今回は、JUKIコンピューターミシン HZL-7600の修理です。


DSCF2917.jpg

JUKIコンピューターミシン HZL-7600は1996年前後のモデルです。店舗から不具合の相談でミシン針が釜にぶつかり縫えない、面板を無理に開けたら固定棒が折れてしまって面板が固定できない状態。 修理とオーバーホールを行います。


DSCF2925.jpg

面板の背面部です。右側、面板のマイナスネジを緩めると簡単に面板が外れますが固定棒が折れて面板側に付いている状態。

DSCF2929.jpg

ネジ目が根元から折れていますのでどう加工するか考えます。


DSCF2926.jpg

ミシン針を下げますと外釜の外周部の針先が当たる、針釜タイミング不良です。


DSCF2933.jpg

外装を分解し、洗浄します。


DSCF2943.jpg

内部もゴミや酸化グリスをクリーニングします。


DSCF2937.jpg

針釜タイミング調整をします。釜剣先がミシン針の針穴より上位置に微調整します。


DSCF2944.jpg

各部、注油、グリルを注入します。


DSCF2947.jpg

面板固定用のネジ目を立てるためミシン本体の折れているネジをルーター研磨します。


DSCF2949.jpg

穴開け後、タップを切り、ネジを固定して汎用します。


DSCF2950.jpg

DSCF2954.jpg

各部点検、各模様の試縫いを行い、完了です。

今回、面板部に破損がありましたが汎用した修理で対応できました。ご自身で点検や掃除をする際は説明書等を参考にして行うことをお勧めします。

使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2015 12 21 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ブラザー修理技術講習会

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当の郡司です。

今回、初めてブラザーミシンの最新モデル コンパル900、700シリーズの技術講習会に参加しました。目的としては特約店限定で個人経営のブラザーショップや大手特約店でのアフターサービス力の向上と最新モデルでの正確な調整方法などマスターすることです。


%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E7%A0%94%E4%BF%AE1%20005.jpg

早速初めます。使用したミシンは新商品のコンパル900です。


%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E7%A0%94%E4%BF%AE1%20006.jpg

まずは、補助テーブル・フリーアームカバー・面板を外すところから始まります。

%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E7%A0%94%E4%BF%AE1%20012.jpg

前面/背面外装カバーのツメに気を付けながら剥がし、メインフレームが見えるようにします。


%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E7%A0%94%E4%BF%AE1%20008.jpg

こちらは背面から見たものです。


%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E7%A0%94%E4%BF%AE1%20020.jpg

底板を外した後は倒して作業します。
分解作業を行った後、お昼休みを挟んで、午後からは再び元の状態にするために、組立と調整を行いました


%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E7%A0%94%E4%BF%AE1%20023.jpg

結束バンドをリッパーで切った箇所は結束バンドで再び結び、リード線を正確に元あった電子基板に付け直して、分解の手順とは逆に面板・メインフレーム&カバーなどをはめ込んでいきます。


%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC%E7%A0%94%E4%BF%AE1%20026.jpg

ミシンを正常に動作させるために、針棒や針穴糸通しの高さ、また針隙左右差の調整、送り歯の高さ調整などを行った後、元の状態に戻し試運転をして、終了となりました。

今回は最新モデル、ブラザーコンパル900の分解手順を習いましたが配給された分解用のサービスマニュアルを見て復習したいと思います。当店は50年以上前の足踏みミシンから最新モデルまで正確かつ丁寧な修理ができます。

使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2015 11 28 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


シンガーコンピューターミシン メリットComputer7800 「E6エラー表示修理、オーバーホール(総点検)」 シンガーミシン修理 アプリコット singerミシン monami モナミ 

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当の角屋です
今回は、シンガーミシン コンピューター7800 Computer7800のE6エラー、作動不良の修理とオーバーホール(総点検)を行います。


DSCF2756.jpg

シンガー文字縫い内蔵コンピューターミシンのメリット(コンピューター7800)E6エラー表示が出て縫えない状態との電話相談でお送りいただきました。


DSCF2761.jpg

外装分解をし、原因を確認します。針棒の駆動部分が固着している状態でした。


DSCF2767.jpg

ステッピングモーター部もこのようにグリスが固まり動きが悪い状態です。


DSCF2769.jpg

針棒、針棒クランク他関連部品を分解、掃除を行います。


DSCF2776.jpg

外装も洗浄クリーニングしました。


DSCF2782.jpg

組立て後、仮試縫いをしましたが目飛びが出ました。 原因は、針釜隙間が広いため目飛びされていました。

DSCF2785.jpg


適正隙間に調整後の縫い目です。

DSCF2783.jpg


針板の針傷研磨、他点検、縫い模様全て試縫いを行い修理完了です。
今回のミシンは、各駆動部分の動きが悪く、メインモーターにも負担がある状態でした。
ミシンの動きが重い状態で使用されますと悪い部品以外の他部品にも負担がかかります。
縫った時、今までとは縫う感触、異音、エラー表示された時はそのまま使わずにミシン販売専門店へ相談することをお勧めします。

使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2015 11 26 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ブラザーミシン修理 オーパス8 B821【オーバーホール】ブラザー修理 ペースセッター コンパル コンパルL ヌーベル修理 ヌーベルクチュール修理

こんにちは! ミシン販売専門店、修理担当の郡司です
今回は、ブラザーミシン オーパス8の修理、オーバーホール(総点検)を行います。


DSCF2310.jpg

お客様からの電話相談でミシンを購入されて30年以上経過、現在も順調に縫えていますが今後も大切に使いたいとのご希望が有り、オーバーホールのため当店へお送りいただきました。


DSCF2323.jpg

ボディーをオールクリーニング完了


DSCF2326.jpg

当時の基板には無数の電子部品が付いていて複雑な構造です。 エアーで隙間のほこりを除去します。


DSCF2325.jpg

タイミングベルトとモーターベルトです。 大きな劣化も無く、このまま使用できました。モーターベルトがトランスを避けるような三角的ベルトレイアウトになっています。 


DSCF2320.jpg

注油、グリスアップします。


DSCF2330.jpg

針釜隙間調整・・・低速や高速回転をさせてベストな針釜の隙間調整をします。


DSCF2333.jpg

ブロード地2枚重ねでの試縫いです。  縫い目は良好。


DSCF2335.jpg

電球、ボビンケースを交換しましたが機械的には現役で十分使用できるミシンでした。
1980年前後から1999年位までのモデルは耐久性があるモデルが多く発売されていました。
押し入れや物置に保管してあるミシンは1度、オーバーホール(総点検)をしましょう。

ご使用されているミシンが調子悪く、お困りになった時は、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■マイミシン修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
メール問い合わせはこちら

2015 10 31 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ブラザーミシン修理  CPS42【糸立て棒の陥没修理】CPS-42 PS202 PS205 MS201 A35 ブラザーミシン修理 ジャノメミシン修理 JUKIミシン修理 Elnaミシン  ステラtx修理 オーバーホール 

こんにちはミシン販売専門店、修理担当の角屋です
久々のブログです。これから定期的にブログ更新しますので見てください。


DSCF2590.jpg

お客様からの修理相談でミシンを使おうとしたら糸立て棒がミシン本体から引っ張り出せなとの故障でお送りいただきました。


DSCF2591.jpg

早速、拝見します。標準より1cm位は下糸巻軸が陥没して手で引っ張っても引き抜けない状態です。


DSCF2592.jpg

外装を外します。


DSCF2594.jpg

画像はぼけていますが糸立て棒が内部のプラスチック製の壁部に棒先が刺さっていましたので落下が原因の可能性も考えられます。


DSCF2597.jpg

ペンチで曲がった糸立て棒を外し新しい部品に交換します。


DSCF2598.jpg

正常な状態に直した糸立て棒の長さです。正常だと2㎝です。当店の保証期間中でしたので今回は無償修理で対応致しました。
糸立て棒に強い力で物が当たったり、ミシンの落下等、かなりの衝撃が無いとこのような状態にはならないと思います。 糸立て棒が曲がっている可能性がある場合には無理に引っ張ろうとするとミシン本体の破損に繋がることもございますので、専門店での回復修理をお勧めします。

使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理、オーバーホールの問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら


2015 10 20 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ブラザーミシンPC8000の天びんシャッターについて

こんにちはミシン販売専門店、修理担当の早乙女です
今回はブラザーコンピューターミシンPC8000の天びんシャッターについて掲載します。
何らかの原因で天びんシャッターがボディーに引っ掛かり、押さえレバーを下げても、
スタートボタンが赤色で点灯し、天びんシャッターが閉じないとの問い合わせ、修理依頼があります。
下記、症状でしたらご自身で解消可能なので症状を確認してみてください。


天びんシャッター付きタイプの正常な状態
20101220_01.jpg
20101220_2.jpg
押さえが上がっている場合・・・スタートボタンの色は赤色で天びんシャッターが
開いている状態


20101220_3.jpg
20101220_4.jpg

押さえが下がっている場合・・・スタートボタンの色は緑色で天びんシャッターが
閉じている状態


天びんシャッター付きタイプの不正常な状態

20101220_5.jpg
20101220_6.jpg

この様に天びんシャッターがボディーに引っ掛かり、押さえレバーを下げても
スタートボタンは赤色が点灯する場合があります。
押さえが下がっているのにスタートボタンの色は赤色で天びんシャッターが
開いている状態ですと液晶画面に押さえを下げて下さいの表示やピピピと音が鳴ったりします


解消方法
20101220_7.jpg

ミシン本体、右裏側の+ネジをドライバーでゆるめる。


20101220_8.jpg

次にカバーを少し開ければ天びんシャッターは勝手に戻り完了です。
簡単です!!


ボディーとシャッターの隙間が少ないのが原因なのかは不明ですが何件は
電話にて説明しましたが営業時間内のみの対応となる為 写真掲載しました。
※この症状の方は修理依頼する前にお試しください。

2010 12 20 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ジャノメコンピューターミシンセンサークラフト7100の点検

こんにちは!ミシン販売専門店、修理担当の早乙女です
今回は、ジャノメコンピューターミシンセンサークラフト7100です。
お客様からの問い合わせで長期間、使用されていなかったのでオーバーホールの依頼が有り、預かりました。


7100_1.jpg
ジャノメのセンサークラフト7100は、20年以上前のモデルとなり当時はコンピューターが高価な時代でしたので20万円以上された機種かと思います。


7100_2.jpg
点検の為 早速分解、全体的の状態良好、グリスの酸化により変色以外、プラスチック部品の劣化等は特にありませんでした。

7100_5.jpg
基板、駆動系、上糸調子バネについても状態良好でしたので洗浄し、ほこりや付着物を除去しました。

7100_6.jpg
外装をクリーニングすると非常に綺麗になりました。


7100_7.jpg
グリスアップ、注油、各部点検、モーターのカーボン量、各模様を試縫いし、点検完了です。


今回のセンサークラフト7100はベストな状態で保管されていましたので20年以上経過されても縫う事ができました。
保管環境によっては即、錆や腐食が発生し調子悪くなる場所も有ります。
ミシンや家電製品は湿気の少ない場所での保管をお勧めします。

2010 12 10 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ジャガーCC-1101の修理

こんにちは修理担当の早乙女です。
今回は、お客様から厚地を縫っていたら急に糸が絡み、
再度縫い始めたら目とびがするとの問い合わせが有り、
早速お送りいただきました。

続きを読む "ジャガーCC-1101の修理"

2010 08 28 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (2) | トラックバック (0)


JUKI修理技術研修

こんにちは修理担当の古内です。
今日も熱くて溶けそうです。
JUKI株式会社主催の修理技術講習会を当社へ出張いただき行いました。

続きを読む "JUKI修理技術研修"

2010 08 21 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ブラザーミシン・CPS-41の故障

こんにちは修理担当の早乙女です。
今日も熱い一日でしたね!夏バテ気味です

今回は、下糸巻き軸が折れてしまい下糸巻きができない
との事でしたのでお預かりしました。

続きを読む "ブラザーミシン・CPS-41の故障"

2010 08 06 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ジャノメミシン・JP500の故障

修理担当の古内です。
サッカーのワールドカップ日本代表が今日の夜中に決勝
トーナメント進出かけての大一番です。
引き分け以上でOKなので、みんなでお応援しましょう!
今回の修理は、ジャノメ・コンピューターミシンJP500です。

続きを読む "ジャノメミシン・JP500の故障"

2010 06 24 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


JUKIミシン・HZL-T470の故障

こんにちは、修理担当の早乙女です。
サッカーのワールドカップ初戦、日本が勝利!頑張りましたね!
私も修理頑張ります。
今回の修理は、JUKI・自動糸切り付きコンピューターミシンです。


続きを読む "JUKIミシン・HZL-T470の故障"

2010 06 17 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ジャガーミシン・CC1101の故障

こんにちは、修理担当の古内です。
サッカーのワールドカップがいよいよ開幕ですね。
寝不足な日が続きそうですが修理は、フルに頑張ります!

今回の修理は、ジャガー・CC1101コンピューターミシンです。
低価格機種としては、以外に良く縫えるミシンです。

続きを読む "ジャガーミシン・CC1101の故障"

2010 06 10 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ブラザーミシン・P5000の故障

こんにちは、修理担当の早乙女です。
今回の修理は、ブラザー刺繍機能付きコンピューターミシンです。

お客様より布地が送れないとの電話問い合わせが有り、
色々確認したところ、送り歯が下がった状態の為 
縫えない事が解りました。

続きを読む "ブラザーミシン・P5000の故障"

2010 06 03 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ジャノメミシン・MP-800の故障

こんにちは、修理担当の早乙女です。
今回の修理は、ジャノメコンピューターミシンです。

お客様の話しによると針板のキズで布がひっかかりうまく
縫えないとの事です。

続きを読む "ジャノメミシン・MP-800の故障"

2010 05 27 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ブラザーミシン・イノヴィスC61の故障

こんにちは、修理担当の古内です。

今回の修理は、お客様から糸通しができないとのご連絡をいただき、
電話では状態が不明の為 お送りいただきました。

続きを読む "ブラザーミシン・イノヴィスC61の故障"

2010 05 20 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


衣縫人・2本針4本糸ロックミシンの故障

こんにちは、修理担当の早乙女です。
今日は青空でしたが5月にしては寒い日でしたね!

今回の修理は、2本針4本糸ロックミシンです。
お客様の話しによるとの針側の糸調子がうまく合わないとの事です。

続きを読む "衣縫人・2本針4本糸ロックミシンの故障"

2010 05 13 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ブラザーミシン・MS201の故障

こんにちは、修理担当の古内です。 
ゴールデンウイーク中は最高の天気でしたね!
今日も修理、頑張ります。

今回の修理ミシンは、購入して即、上糸が引き込まれてしまったが、
どうしたらいいでしょう?
と、質問の電話があったミシンです。すぐ止めて糸をはずして下さい。
と、伝えた所糸がはずせないとの事でしたのでお預かりしました。

続きを読む "ブラザーミシン・MS201の故障"

2010 05 06 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


ブラザーミシン・PS50の故障

こんにちは、修理担当の早乙女です。 今回から修理関連の
ブログを定期的に修理スタッフで更新したいと思います。

今回の修理ミシンは、コンパクト系ミシンです。
お客様の話しによるとモーターの回転音はするが動かないとの事!

続きを読む "ブラザーミシン・PS50の故障"

2010 04 30 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


PC8000の文字縫い機能は、刺しゅうミシンと違うの?

さて、入園入学の時期を来年に控え、入園ミシンとして人気のPC-8000ですが、人気の秘密はなにかご存知でしょうか?

入園グッズには必要になるネーム入れですが、通常の家庭用ミシンですと、文字縫い機能は有りません。
それを解消したのが、PC8000の魅力の1つである「文字縫い機能」!!

今回は、その「文字縫い機能」 を詳しく解説いたします!

続きを読む "PC8000の文字縫い機能は、刺しゅうミシンと違うの?"

2009 12 12 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)




Copyright (C) 日本ミシンサービス株式会社 All Rights Reserved.