« 2021年11月 | メイン

SINGERミシン・モデル936、シンガーミシン モナミ  モナミ・ヌウ、ルミナ、ヴィバーチェ、リル モニカ、モニカピクシー、VIVACE

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当石黒です。
今回はシンガーミシン・モデル936の修理、オーバーホールを行います。


IMG_8178-1.jpg


このシンガーミシンは40年以上前のモデルですが内釜にボビンを入れたままボビンに下糸が巻ける「マジックボビン仕様」です。
故障個所は全体的に動きが重い、電源差し込み口が固定しない、動くとの事です
早速、分解してみます。


IMG_8210-1.jpg

外装部を全て外します。


IMG_8208-1.jpg

下軸部・釜ギヤー側です。ギヤー割れやクラッグはありませんでしたが駆動ギヤーのグリスの硬化、ガム状になっています。

IMG_8209-1.jpg

下軸部・メインモーター側です。 メインモーターは3か所固定ですがゴム素材を使ったラバーマウント部が経年劣化により固定できていない状態です。

IMG_8214-1.jpg 

メインモーターを外すとこのように茶色の粉の付着はありますがラバーマウントは跡形もありません。


IMG_8218-1.jpg

IMG_8219-1.jpg


上軸部です。全体的に痛みは少ないようです。

IMG_8223-1.jpg

クリーニング後の全体画像です。


IMG_8217-1.jpg

下部・モーター側クリーニング後、メインモーターの固定穴に適したゴム材と加工、マウント固定後の画像です。
しっかり固定されました。※純正部品の供給不可のため当社保有のリサイクル部品から調達しました。


IMG_8224-1.jpg

IMG_8225-1.jpg

上下部、各部注油/グリスアップします。


IMG_8251-1.jpg

こちらがマジックボビンです。
手前左側のレバーを左にスライドさせると下糸巻きモードに切り替わります。
テストでは下糸巻きができました。 


IMG_8249-1.jpg
試縫いテスト・・40年以上前のミシンですが縫い上がり、運転音も良好です。


IMG_8257-1.jpg

劣化部品の交換。駆動部の半固着除去、糸絡み除去、各部点検、固定ネジの増し締め、注油/グリスアップ、試縫いなど全て完了しました。 20年から40年前のミシンでもギヤー割れが無い限りクリーニングや汎用部品交換でまだまだ使えるミシンがたくさん有ると思います。旧ミシンをお持ちで調子が悪い方は当店へ相談ください。


使っているミシンの調子が悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールをお考えの方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理のお問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーアクセス)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2021 12 02 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)




Copyright (C) 2005 ec-blog.com. All Rights Reserved.