« 2016年01月 | メイン

シンガー職業用ミシン LW103S(修理・オーバーホール) ブラザーヌーベル ヌーベルクチュール JUKI シュプール TL90 TL96 TL98 TL25 TL30 SL300EX 

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当、郡司です

今回は、シンガー職業用ミシン LW103Sの修理・オーバーホールです。


DSCF3275.jpg

ランプは点灯するがモーターが回転しないとの相談でお送いただきました。


DSCF3274.jpg

通電されているのにモーターが回転しない原因としてメインモーター、フットコントローラーの不良が考えられます。
テスターで検査した結果、メインモーターが原因でフットコントローラーに負荷はかかり、破損したことが解りました。 この場合はメインモーターとフットコントローラーの2つの交換が必要ですが既に純正品の供給が切れているため汎用部品を使い回復させます。
左側がシンガー純正のメインモーター、右側が職業用対応の汎用モーターYDK YM61です。


DSCF3278.jpg

モーターベルトもメーカー機種によって異なりシンガーLW103SはXL用シンクロプーリの交換が必要です。


DSCF3279.jpg

プーリ交換後


DSCF3287.jpg

メインモーターの固定板に汎用モーターの固定ネジ位置に穴を2箇所開けて固定します。 ※固定板の微調整幅が狭いためベルトの張りを考慮した位置で穴を開けないと上手く固定できない事も有りえます。


DSCF3284.jpg

フットコントローラーの差し込み口配線はON/OFF電源スイッチを使わず、コネクターを差し込んで通電する単純配線にしました。


DSCF3282.JPG

固定板に穴を開けてフットコントローラーの差し込み口を固定。


DSCF3289.jpg

DSCF3290.jpg

各部点検、試縫いを行い完了です。
今回、ブラザーTA3-B625 B626 B627 用として販売されている汎用パーツを利用して回復させましたがミシン自体のオーバーホールを含め専門店で加工される事をお勧めします。


使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2016 02 23 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)


JUKIロックミシン MO-334D 【修理、オーバーホール】 MO252 MO522 MO113 MO114D MO333 MO344D

こんにちは! ミシン販売専門店の修理担当の角屋です

今回は、JUKIロックミシン MO-334Dの修理、オーバーホールです。


DSCF3138.jpg

縫製中に急停止、ランプは点灯するがフットコントローラーを踏んでもモーターが動かない状態。


DSCF3147.jpg

外装を分解します。


DSCF3140.jpg

モーターカーボンは消耗しスプリングのみの状態でした。


DSCF3144.jpg

下側が新品のモーターカーボンです。片側のカーボンは数ミリ有りましたがほぼ消耗していました。


DSCF3149.jpg

各部クリーニングします。


DSCF3151.jpg

クリーニング後、ギヤー部はグリスアップ、可動部には注油をします。 


DSCF3168.jpg

糸調子数字(5)標準位置で綺麗にオーバーロックができるよう引張力調整を行います。


DSCF3166.jpg

ロックミシンの引張力調整は微妙な調整が必要なので試縫いも多く行います。


DSCF3169.jpg


調整後の縫い目です。


DSCF3175.jpg

上メス交換、各部点検を行い完了です。 今回のMO-334Dの外装部はオールプラスチック製のため経年劣化により変色が見られましたが内部機構の動きも良く、まだまだ使いそうなロックミシンでした。

使っているミシンの調子悪く、お困りになった時やミシンの点検、オーバーホールを考えている方、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■ミシン販売専門店、修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
修理問い合わせはこちら

2016 02 06 | この記事へのリンク | この記事へのコメント (0) | トラックバック (0)




Copyright (C) 2005 ec-blog.com. All Rights Reserved.